ビジネス支援・営業許可 愛知の行政書士なかしま事務所
活動内容コンテンツ



定款認証等起業家を支援



ドローン飛行申請


飲食店許可申請・深夜酒類



民泊届け出申請



起業セミナー・社内研修セミナー講師

古物商開業許可申請

↓気軽にお問い合わせを(無料)↓

WordPress 月別過去ログ

2012年3月7日(水曜日)

選挙制度一考察

カテゴリー: - tak_nakashima @ 21時18分05秒

大した得票数もない弱小政党が連立でキャスティングボードを握る(鳩山世間の社民党)
のもおかしな話だし、大政党の比例区で当選してきて、○○ガールズとか言われている
ボスのための裁決マシーンに過ぎないど素人政治家の大量当選もどうかと思う。
それと比例区復活当選という、国民の政治家を落とす権利を奪うふざけた制度もおかしい。
この3点のネガティブな面を解消する衆議院制度の改革が今回の最高裁の違憲状態
解消と合わせて必要だと思う。

 ここで公明党から出ている得票率を公平に反映すると言われている「小選挙区比例代表連用制」
が一考に価すと思うので検証してみたい。

メリット・デメリットの比較でいうと、
メリット面は
(1)得票率が今の連用制に比べ少数政党にも公平に配分され有権者の1票の意思が
  正確に反映され、死に票が減少する。
デメリット面は
(1)制度が複雑すぎて数回説明を聞いてもそれが正しいのか正しくないのか
  数学の才能がないと理解できない点
(2)現行の商戦局比例代表連立制導入にあたって全政党が一致して支持した政権交代可能な
  2大政党制度の構築に逆行する弱小政党の乱立を招きかねない点がある。
したがってメリット・デメリットの判定は1:2で不採用!

 ならどうすればよいかという提案であるが、
私案で、「完全2人区小中選挙区制プラス現行比例代表連立制」が上記問題点を緩和させる
方法だと思う。
前提としては、参議院制度の廃止と比例区復活制度の廃止が条件だ。
比例区復活制度の廃止で有権者の落とす権利は担保される。
全て選挙区を2人区とすることで、死に票が防げる。
比例区は選挙区の議員数の3分の1以下にすることを法文に明記することにより
ど素人政治家の大量当選を防げる。
またなんといっても、2人区の小中選挙区制度を採用することは、現行1人区の小選挙区
比例代表連立制度のような得票率1位の政党に過度に議席が配分される欠点と
弱小政党に公平に議席が配分され弱小政党が乱立しかねない連用制の
中間を行く制度なので、両方の弱点がカバーできる有権者に顔が見える制度である。
また、現在違憲状態になっている1票の格差問題も現行区割りを2つくっつける形で
区割り調整によりスムースに進めることができる。
比例区復活当選していた派閥・グループ長の方も、そんなみっともない手を使わなくても
2位当選ならできるはずだから、比例区復活廃止にも抵抗が少ないと考えられる。
重鎮の方は業界・官僚との癒着しやすいという悪い面もあるが、それよりもその経験・知識を
国のために使っていただかないのは損失だと考える。
また1人だけ当選する小選挙区制度の欠点としては、得票率51%を目指すあまり、
皆にいい顔するばら撒き政策が前面に出がちであるが、
2人区に改良すれば国民に痛みを伴うが日本がギリシャのようにならないために避けては通れない
政策、与党・責任政党としての政策、選挙に行かないが将来日本を支える若者たちへの政策
を選挙のとき訴えることができるようになると考えられる。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.cs-life-kikaku.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/369

  1. I have fun with, lead to I discovered just what I was taking a look for.

    You have ended my four day lengthy hunt! God Bless you man. Have a nice day.

    Bye

    Comment by Hadrian Jedrzejczyk — 2017年6月18日(日曜日) @ 14時41分05秒

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

14 queries. 0.013 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress