ビジネス支援・営業許可 愛知の行政書士なかしま事務所
活動内容コンテンツ



定款認証等起業家を支援



ドローン飛行申請


飲食店許可申請・深夜酒類



民泊届け出申請



起業セミナー・社内研修セミナー講師

古物商開業許可申請

↓気軽にお問い合わせを(無料)↓

WordPress 月別過去ログ

2017年6月2日(金曜日)

インバウンド観光・民泊の最適地 岐阜市

カテゴリー: - tak_nakashima @ 15時34分05秒

岐阜市内を自転車で探索してみました。
岐阜城へは数回、長良川国際会議場へはコンサートを聴きに一度来たことがありますが、
自転車でゆっくりと市内散策するのは初めてです。
JRに乗り、稲沢駅から15分で着くのに、案外行く機会はないものだ。
今回は業務開拓のための現地調査が主題である。政府の規制改革会議で答申されているように、インバウンド需要を
高めるために、民泊のルールづくりや旅館業法の規制緩和が進められようとしている。
 規制=許認可対応といえば、行政書士の専任業務であります。
JR岐阜駅南口で降りると10数人の人がスマホをかざして人工の池を取り囲んでいる。
 カルガモの親子が人を恐れるでもなく狭い池をあわただしく行ったり来たりしてかわいい姿を見せてくれる。
レンタル自転車を借りて岐阜市内探索を開始した。
南東方向へペダルをこぐとすぐに清水緑地と清水川が現れ、ちょっとした渓谷気分が味わえる。
北側には金華山と岐阜城の雄姿が見えるし、その北側は清流長良川
岐阜駅は一級の観光資源の宝庫なのだ。
自転車の前輪を北に向け、JR東海道本線の高架をくくり抜け、駅の表側を
北上してみた。
岐阜市のメイン通りの国道157号線、神田町5丁目の交差点から国道256号線を北へ進み
柳瀬通りとクロスし、岐阜市役所に到着した
ここで12時になったので、市役所の通りの反対側の豊川寿司さんへ入り、穴子天ぷら丼ランチを
食した。丁寧なおいしさで大満足。
食事を終え、そのまま国道256号をくねくねと北上して、金華山の岐阜城を右手に見ながら
長良橋に到着した。橋の上から眼下の長良川を眺めると、鵜飼船が人気もなく静かに十数隻係留していた。
国道256号の西側へ降り、玉井町を散策してみた。いわゆる古民家エリア川原地区である。
天然鮎の塩焼き鮎ラーメンの和食店、岐阜うちわのお店、縁結び祈願のパワースポットなどが
密集した格子戸の古い町並みのノスタルジースポットである。
このように、岐阜市を半日で駆け巡っただけですが、
美濃和紙、岐阜提灯、岐阜の和傘、岐阜うちわ
天然アユ料理と魅力たっぷりの特産品があったり、
そしてなにより岐阜城・岐阜公園へ行けば、戦国日本の武将のスーパースター(Japanese
strongest Shogun and Busho)織田信長の活躍のスタートアップの地
で戦国絵巻に思いを巡らせてみるのも良いだろう。
そして、ここにきて政府をあげてのインバウンド観光客誘致目標4千万人
爆買い・弾丸ツアーの次はゆったりとした地方への集客が目標達成のカギといわれている。
こういったバックパッカー的、欧州及びオセアニアのツーリストはJR鉄道共通パスをよく利用するのが
案外キーポイントではないかといわれている。

今回、私もJR岐阜駅から半日周遊したわけで、滞在型インバウンド民泊・簡易宿泊客をターゲットに
するにはうってつけの岐阜市なのです。

岐阜駅ステンドグラス 岐阜駅南口カルガモ池 清水緑地清水川
岐阜市役所 豊川寿司 岐阜公園岐阜城
長良川鵜飼船 川原町路地 川原町街並み

コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.cs-life-kikaku.jp/modules/wordpress/wp-trackback.php/418

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

14 queries. 0.011 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress